花粉症の根治療法

doctor

根治療法としての役割

人の身体の周囲には、身体にとって有害になる可能性のある、無数の細菌やウイルスが存在しています。しかし、こうした細菌やウイルスが存在しても、実際にそれらに感染することは、それほどありません。すなわち、こうした細菌やウイルスから、身体を守るための仕組みが、人間には備わっているのです。この人間に備わっている、身体を守るための仕組みの象徴的なものが、免疫力になります。何らかの原因で、免疫力が低下しているときは、感染症を起こし易くなります。反対に、免疫力が十分に機能していると、感染症は起こし難くなるのです。この人間が持つ免疫力に着目した治療法が、免疫療法になります。そのため免疫療法の特徴は、根治療法としての役割があることです。

医師の管理が必要です

こうした免疫療法を行う疾患として有名なのが、花粉症になります。花粉症に対する治療としては、これまで抗ヒスタミン剤などの、対症療法を行うことが一般的でした。対症療法を行うと、確かに一時的には、症状が緩和されて楽になります。しかし、根本的な抗原抗体反応は、解決されていませんので、発症を繰り返すのです。これに対して最近は、抗原となる花粉を選別して、それに対する抗原力を培う免疫療法が人気です。こうした花粉症における免疫療法のことを、抗感作療法とも呼んでいます。この免疫療法は、抗原抗体反応を、人工的に起こすことで実施する治療法です。そのため、慎重に実施しなければ、かえって症状を悪化させる可能性があります。したがって、免疫療法を得意とする医師の管理のもとで、治療を受けることが注意点になります。

脳動静脈奇形や腸閉塞は、最悪の場合死に陥る恐れのある非常に怖い病気です。腸閉塞は予防ができますが、脳動静脈奇形は先天性のものなので予防を図ることができません。ただ治療法が無いわけではないので、早期の治療が極めて重要となります。これらの疾患と思わしき症状が現れたら、すぐに専門の病院に行き担当医師に診てもらいましょう。

腸閉塞の原因と予防法

hospital

腸閉塞が発生すると、まともに食事を取れなくなってしまいます。それどころか水分も満足に取れない状態となります。非常に怖い病気なのです。腸閉塞の主な原因は、癒着によるものです。

更年期を快適に過ごす方法

hospital

更年期障害は、卵巣から分泌される女性ホルモンが減少して発症する病気です。イライラやうつ、ほてりなど症状は多岐にわたり、症状の強さには個人差があります。更年期障害の治療には、不足しているホルモンを補うホルモン補充療法や漢方薬が有効です。

主な症状や治療法

healthy women

脳動静脈奇形は先天性のものなので、予防法という予防法は確立していません。脳動静脈奇形はガンマナイフによる治療法で治療が行なわれます。脳動静脈奇形が発生すると、脳内出血やくも膜下出血を併発する恐れもあります。